夏バテと腸内細菌の関係についてご紹介します。
これから本格的な夏。みなさん腸内環境を整えましょう。


●夏バテとは
暑い日が続くと、食欲がなくなったり、体がだるくなったり、なかなか疲れがとれないなど、体調を崩しやすくなります。夏バテには明確な定義はなく、夏に見られる体や精神面の不調をまとめて「夏バテ」と呼んでいます。

●夏バテの原因
(1)体内の水分とミネラルが不足する
強い日差しを浴びる時間が長いと、汗がたくさん出て身体の水分とミネラル分を排出するため、身体に必要なミネラルが不足してしまい、脱水症状を起こしやすくなる。
(2)食欲がなくなって栄養不足になる
暑さのせいで胃の消化機能が低下すると、食欲がなくなる。さらに栄養の吸収が悪くなるため、身体に必要な栄養素が不足して体調不良を引き起こす。また、暑いからといって冷たい飲料を飲みすぎたり、冷製の食べ物をとりすぎると、胃腸が冷えて胃の働きが低下する。
(3)屋外と室内の温度差によって自律神経が乱れる
暑い屋外とエアコンが効いた室内の温度差が激しいと、体温を調節する自律神経が対応できずに乱れてしまい、さまざまな症状が現れる。屋内と屋外の温度差は、5℃以内が望ましい。

と大きく3つに大別されます。

●腸内細菌と夏バテ
一見、夏バテと腸に関係性がないように思われがちですが、温度の低い冷房に長時間当たり過ぎたり、冷たい飲み物や食べ物を摂り過ぎたりすることは、胃腸を冷やして腸の働きを低下させ、腸内環境の悪化を招くことになります。
腸内環境が悪くなると、栄養を消化・吸収させる機能が弱まり、食欲不振や倦怠感を引き起こすことになり、逆に腸をきれいにして腸内細菌がしっかりと働ける環境に整えることで、夏バテは解消できます。
夏バテ起こすと、食欲不振や、疲労感、だるさ以外にも「風邪をひきやすい・治りが悪い」などの症状が起きます。これは腸管免疫(腸内の善玉菌がもたらす、免疫機能)に関係しています。
そのため腸内環境を整え、腸管免疫を高めるには、腸内の善玉菌を増やす必要があるのです。

善玉菌が増えると消化・吸収機能を高めたり、腸のぜん動運動を活発にして便通を良くしてくれます。その結果、腸内にいる悪玉菌が作り出す有害物質が減っていき、きれいな血液がスムーズに流れるようになるので、それにより免疫力もアップします。つまり、腸内環境を整えることは、夏バテ解消にも免疫力アップにも一石二鳥となるわけです。
これからの季節、暑さに負けないよう、腸内細菌を助ける発酵食品などを積極的に摂取しましょう。