LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

食品添加物ってどんなものか、ご存知ですか?
体に悪い? 化学成分だからよくない? 添加物は取らない方がいい。。などなど、世の中では食品添加物が悪者になることも多々あります。でもそんな人ほど実は食品添加物をよく知らない人も多いんですよね。
私たちが口にしている食べ物のほとんどに含まれている「食品添加物」。多くの人が耳にしたことがある単語でしょうが、実際に食品添加物がどのようなもので、どんな影響を体に及ぼしているのかを知っている人はそこまで多くないかもしれません。本来は、人の体に大きく影響を与える食品に化学物質を加えることは、法律で禁止されています。体に悪影響を与えてしまうこともあるからでしょう。ですが、食品添加物に限り合法的に食べ物に加えることができます。もちろん、その働きはひとくくりにできるものではありません。食品添加物は、それぞれの働きによって使い分けられています。

たとえば、食品を作る工程で必要になる添加物もあります。
パンやケーキを膨らませるための『膨張剤』、ラーメンなどの麺の縮れを出す『かんすい』、粘り気を出す“つなぎ”として使われる『増粘剤』などがそれに当たります。また、食品が長持ちしたり、質が下がらないようにするための添加物もあるでしょう。これは『保存料』や『防カビ剤』、『酸化防止剤』など、腐敗やカビなどを防ぐ役割を持っています。さらに、栄養を高める目的で加えられる食品添加物も存在します。『カルシウム』『ビタミン』『鉄』などが加えられた食べ物などは、目にしたことがあるでしょう。これ以外にも、食品の見た目をよくするためにも食品添加物は使われています。
この食品添加物シリーズでは、正しい知識を持ってもらうために、一般的な食品添加物についてご紹介していきます。ぜひ皆様の食生活に生かしていただければ幸いです。

食品添加物の定義とは

食品添加物は保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。一般的には添加物というと加工食品に使われるというイメージが強いのですが、食品全般の嗜好性を高める手法として、添加物としての甘味料、酸味料、香料といった食品成分を使うこともあります。
なにか加工品を買った時商品の裏に表示されている添加物が書かれている欄を良く見ているという人もいれば、カロリー表示や糖質の方がなによりも気になるという方まで様々だと思います。
食品衛生法では、「食品添加物とは食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」と定義されています。一般的には「化学的に合成されたもの」と「動植物からとった天然の添加物」に分類されます。厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。
ですから国が認めている食品添加物は基本、安全なのです。

食品添加物を使用する目的

・製造や加工のために必要であるということ。
・形をつくったり、独自の食感や色調や色味(色を取る、付ける)
・味を整える(うま味・甘味・酸味)風味の改善。
・栄養成分を補うため。
・品質を保つため。

食品添加物といっても実は新しいものではないのです。ずっと昔から人々は食べ物の保存や加工にいろいろと工夫をしてきました。例えば、、
お肉・お魚の保存→燻製にしたり、塩漬けにする→長持ちさせる
植物の実や葉や花を使って色や香りを付けたり。
(ごはんを黄色くするサフランや梅干しに入れるシソの葉など)
豆腐を作るのに「にがり」が使われたり、こんにゃくを作るときに「消石灰」が使われたりしてきました。この豆腐やこんにゃくは中国からつたえられて1000年以上経っています。
「にがり」や「消石灰」は食品添加物であり、豆腐やこんにゃくをつくるときにどうしてもかかせないものとして現在もつかわれています。このように食品添加物には長い歴史があるのです。

ただし普通食品として食べるもの、ビタミンやミネラルなどの栄養素、スパイス、ビールの醸造に使用するホップ・酵母などは添加物に含めません。

添加物の種類

日本では、食品添加物の安全性と有効性を確認して厚生労働大臣が指定した「指定添加物」、長年使用されてきた天然添加物として品目が決められている「既存添加物」のほかに「天然香料」や「一般飲食物添加物」に分類されています。新たに使われる食品添加物は、天然・合成の区別なく、すべて食品安全委員会による安全性の評価を受け、厚生労働大臣の指定を受け「指定添加物」になります。

<既存添加物>

長年使用されていた実績があるものとして厚生労働大臣が認めたものを「既存添加物名簿」に収載し、引き続き使用することを認めています。平成28年10月6日現在、365品目が収載されています。

<天然香料>

りんごや緑茶、乳などの動植物から得られる着香を目的とした添加物で、一般に使用量が微量であり、長年の食経験で健康被害がないとして使用が認められているものです。
平成27年9月現在「天然香料基原物質リスト」に612品目の基原物質が収載されています。天然香料は植物から抽出されたにおい成分が多いのですが、天然香料はどんなものがいくつ使われても「香料」と表示すればよいことになっています。

<一般飲食物添加物>

食品衛生法第10条では、「一般に食品として飲食に供されているもので添加物として使用されるもの」と定義されています。ふだん私たちが食べている食品をそのまま、あるいは成分を抽出して、添加物の目的で使うもので、現在約100品目がリストアップされています。よく使われているのは、赤キャベツ色素(赤キャベツまたは紫キャベツより抽出された色素)やパプリカ粉末などの色素類、ダイズ多糖類(大豆から得られた多糖類)、セルロース(海藻やサツマイモなどから得られたセルロース)などです。その由来から、いずれも安全性は高いと考えられます。一般に飲食に供されているもので着色の目的で使用したり、添加物として使用されるもののことを言います。
(イチゴジュース、オレンジ、グレープ果汁、寒天など)

<指定添加物>

食品添加物は化学的合成品や天然添加物など製造方法の違いに係わらず食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が安全性と有効性を確認して指定した添加物でなければ、使用することができません。天然物であるかどうかは関係ありません。平成28年10月6日現在、454品目が指定されています。

以上食品添加物と呼ばれる、成分のほとんどが、天然由来成分なんですね。。日本はよく「添加物天国」と呼ばれることがありますが、実は欧米と違って、日本では日本人が古くから食材として使ってきた天然成分も添加物として登録しているから、数が多くて、それが添加物天国と揶揄される理由なんです。正しく理解することは大切ですね。

次回はそれぞれの添加物を詳しくご紹介していきますね。