補酵素って知っていますか?
今回は体内の酵素の働きを助ける補酵素についてご紹介します。
ところでそもそも酵素とは、なんでしょうか?ちょっと整理しましょう。

世の中では(特に健康食品の世界では)、酵素といえば、ほとんど無条件に「消化酵素」と連想される方も多いと思います。しかし、酵素は食べたものを消化吸収するばかりでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりと、一切の生命活動(代謝全般)に関与しています。もし酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。いわば、生命活動の主役であり、源(みなもと)なのです。

酵素の構造を簡単に言えば、ミネラルの周りにタンパク質が巻き付いたものです。中心になるミネラルの種類やタンパク質の巻き付き方によって、様々な種類があります。ヒトの体には4000種あるいは5000種といわれる酵素が存在して、それぞれが役割を持って私たちの健康を維持してくれているのです。

酵素には食べ物から摂取する「食物酵素」と体内で作られる「潜在酵素」と呼ばれる酵素があります。体内で作られる潜在酵素は大きく分けると、「消化酵素」と「代謝酵素」の二つがあります。消化酵素は文字通り消化に関わる酵素です。唾液の中に含まれているアミラーゼなどもそうです。デンプンをブドウ糖に分解します。同様にタンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼや脂肪を脂肪酸に分解するリパーゼといった消化酵素があります。

一方、代謝酵素の主な働きは、①吸収された栄養を体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする。(新陳代謝)②毒素を汗や尿の中に排出する。 (有害物質の除去)③体の悪い部分を修復し病気を治す。(自然治癒力)④免疫力を高める。といったとっても重要な働きがあるのです。

そして、もう一つ、身体の外にある酵素があります。前述の食物酵素です。加熱されてない生の食べ物や発酵食品には酵素があります。その食物酵素の含まれた食べ物を加熱された食品と一緒に食べると消化が助けられます。例えば焼き魚に大根おろし(食物酵素のジアスターゼ)をつけて食べたほうが、消化されやすくなります。昔のヒトの知恵の一つですね。

つまり酵素はヒトの体内での様々な活動(生命反応)すべての主役なのです。
ただ酵素は、単体で働けるものと単体では働けず他の化合物と結びついて作用するものがあります。単体で働けない場合に、結合して酵素の働きを助けてくれる物質を『補酵素』と呼んでいます。名前のとおり「酵素を補う」役目があるわけです。酵素が体に不可欠なのと同じく、酵素が体内で活動するにあたって欠くことのできない存在、それが補酵素です。中には酵素単体で働く酵素もありますが、多くの酵素は補酵素に支えられ、体内で活動しています。補酵素の大半はビタミンとして知られています。ビタミンB1、B2などが中心ですが、それ以外にも、コエンザイムQ10、マグネシウムなども補酵素となります。

特にB群のビタミンは、体内で代謝を手伝う補酵素としてかなり重要な役割を持っています。
例えば、ビタミンB1は糖質代謝の補酵素として、ビタミンB6はアミノ酸やタンパク質代謝の補酵素として働いています。これらの酵素は、体の中で、酵素の生命活動に欠かせない材料や、化学反応の結果できたものを運搬しています。ビタミンやミネラルがなければ、酵素も正常に活動できなくなってしまうのです。しかしビタミンもミネラルも基本的に体内で生産することができないうえ、体内にためておくこともできません。だから食品から摂取しなくてはいけないのです。ヒトは食品から酵素や補酵素を取り入れ、生命活動を維持しているのですね。

*補酵素はどんな食材に入っているかというと主に以下の食品です。

補酵素の多くはビタミンから作られます。
ビタミンB1、B2はエネルギー代謝に ビタミンB6はアミノ酸の代謝に ビタミンB12は葉酸 核酸の代謝に必要です。ビタミンB群は常に意識して摂り入れていきましょう!
補酵素を摂取するおすすめの食材は、果物 野菜 海藻類!
加熱せずに摂れば酵素もとれて一石二鳥です。
ビタミンB群をおもに意識すれば、アスパラ ブロッコリー しそ 豆類 にんにく 唐辛子 レバーなどです。