LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日本人はなぜ健康食品が好きなのか? その2

先月から始まった新しいシリーズです。
前回の第1回目は、日本人の健康食品に対する意識調査の紹介を通じて、病気の質が変わってきたこと、それに伴い、病気と健康維持に対する考え方が変わってきたことなど、ご紹介しましたが、今回は、時代と共に健康情報などの取り巻く環境が変化してきていてそれの伴う消費者の捉え方も変わって来ている現状について触れてみたいと思います。


前回もご紹介した民間調査会社の報告では、従来の口コミよりもインターネットなどを活⽤して情報を得て、自身が納得したものを購入するという方が増えています。

健康食品購入の情報について「ランキングや口コミ情報」が 24%、「利用者●万人突破」「有名人が利用」 「利用者の●%が効果を実感」といったような利用実績をPRする広告が10%で、特に⼥性はクチコミを参考にしているケースが多い。と言う調査報告があります。しかし消費者庁始め、監督官庁はこういった個人の実感を伴う体感訴求を厳しく取り締まっています。かたや男性は口コミよりもインターネットを活⽤して自ら情報検索を⾏い、自身が納得したものを自分で選んで購入する傾向が強いようです。またTVCMは年齢に伴って参考にする消費者が増える傾向があるようです。

そのため、販売する側も、こうしないとダメとか、これは危ないなどといったフードファディズムのような恐怖感を与えるセールス手法ではなく、変化する情勢を正しく伝え、消費者が無理なくできる生活改善をアドバイスするヘルスアドバイザーのような存在が求められている気がします。そのためには、自社製品を摂りつつも、いかに豊かな食生活が重要かを理解させるファローが大切になります。

*フードファディズム:食べものや栄養が健康と病気に与える影響を、熱狂的、あるいは過大に信じること。科学が立証したことに関係なく食べものや栄養が与える影響を過大に評価すること。

超高齢化社会になり、サルコペニアのように生活習慣や環境などによる、心身の生活機能の低下は薬では治せません。
認知症もしかり。食品、栄養で予防するしかない。適切な栄養摂取、特に1日1kgあたり1.0g以上のタンパク質摂取はサルコペニアの発症予防に有効であるという報告もありますし、また筋量と筋⼒が共に改善する割合は、アミノ酸摂取により2倍に、運動により2.6倍に、さらに運動とアミノ酸摂取を両⽅⾏うことにより4.9倍に増加するという報告もあります。
ますます食生活の改善が重要なテーマになってきました。

*サルコペニア:加齢や疾患により筋肉量が減少することで、全身の筋力低下および身体機能の低下が起こること。

さらに超高齢化が進み、国では、新しい高齢者の定義に関する提言が出されて本格的な議論が始まりました。
つまり、現状は65歳以上を高齢者とみなすが、国の新たな提言では、75歳以上を高齢者と定義すべきと、若返りが起きています。いずれ年金などの社会保障制度も民間保険も、75歳以上を高齢者と認識する時代が来るのでしょう。

新しい高齢者の定義に関する提言
65~74歳 准高齢者 pre-old 准高齢期
75~89歳 高齢者 old 高齢期
90歳以上 超高齢者 oldest-old 超高齢期

長生き世代が増えるということは、「病気にならない」ではなく、いかに「入院しない」ようにして、未病(予備軍)の状態を維持し、何事もなく過ごすか、
認知やロコモや生活習慣病などのリスクはあっても、なんとか生活できているといった社会になっていくのかもしれません。

それには、一人一人が日々の生活を考えて賢く生きていくことが求められるようになるのでしょう。
国は医療費の削減に必死です。国家予算の3分の1が医療費(約42兆円)という、とんでもない国なのです。だから寝たきりになってもらっても困るわけです。未病でもいいから普通に生活して欲しいのです。

 

ところでサプリメントを摂取する人は、必ず何らかの目的を持って購入しています。
目的を持たない人間はサプリメントを続けようと思いません。そういう人は新しい商品が出るとすぐそちらに乗り換えてしまいます。長く摂り続けている人は、やはりそのサプリメントに何らかの目的を見出しています。
例えば食べやすいとか、家族がいつも使っているとか、あるいは、通販や訪販のように定期的に商品を購入できるチャンスが仕組みが出来上がっているとか、あるいは紹介してくれた人がいろんな事を教えてくれるといった付加価値だったり。意外とそのサプリメントを続けて理由にはサプリメントそのものの性能ではない場合も多いのです。

まさしくそこが日本でのサプリメントが売れる理由の1つではないでしょうか。海外ではなかなかそういった付加価値が購買行動意欲を刺激するという事はあまりないような気がします。

次回は付加価値とは、その人にとって必要なアドバイスは何かをお話ししたいと思います。


このシリーズは、食品業界誌に連載している寄稿を一部修正。追記してお届けするコラムです。
このシリーズでは食や栄養の基本的な考え方や今話題の健康キーワードなどを通じて健康食品について考えていきたいと思います。さらには薬とサプリメントは何が違うのか?また栄養素と非栄養素、機能性成分がどうからだに作用するのか?などにも触れていきたいと思います。

セルフケア推進協議会 代表理事 橋口智親