LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今月から始まる新しいシリーズです!
このシリーズは、食品業界誌に連載している寄稿を一部修正。追記してお届けするコラムです。
このシリーズでは食や栄養の基本的な考え方や今話題の健康キーワードなどを通じて健康食品について考えていきたいと思います。さらには薬とサプリメントは何が違うのか?また栄養素と非栄養素、機能性成分がどうからだに作用するのか?などにも触れていきたいと思います。

セルフケア推進協議会 代表理事 橋口智親


日本人はなぜ健康食品が好きなのか? その1

よく医師や学術系の方と話していると「日本人の最大の誤解は、病気やケガを薬が治してくれると信じていること」だといわれます。
実際、治すのは本人の治癒力や免疫力であって、薬はその手助けをしているに過ぎないのです。
そのことを理解しないで、『病院に行ったら薬をもらわなければ損だ』と考えている人が多すぎます。

たとえばかつて抗菌剤が世に出てきたことで、結核で亡くなる日本人は大幅に減りました。確かに抗菌剤は重要な薬ですが、結核が減った原因は日本人の栄養状態が大幅に改善され、体力がついてきたことも大きく影響しているのです。

1950年代以前は、伝染病など、誰でもうつる病気が主流で医薬品が重要な治療の主役でした。しかし科学が発達し、うつる病気が減る反面、生活習慣病やストレス性疾患などのように、食生活の乱れや人間関係、社会環境などが作り出してしまう病気が主流になってきました。近代医学の薬はほとんどが対症療法です。だから原因がはっきりしないと治療・投薬ができません。

たとえば血圧が140越えれば、病気と判断されますが、100超えただけでは、先生は薬を出せません。塩分控えなさいと言われるだけです。

ここが現代医学の盲点です。現代は薬が必要な人よりも、ほっとくと病気になってしまう予備軍が増えたのです。
そういう人には薬だけではなく普段の食生活や健康食品が役に立つわけです。降圧剤は高血圧の原因を解消しているわけではなく、普段の食生活を見直して初めて、根本的に治すことができるのです。薬を何年にもわたって飲み続けて、それで病気が治っていると勘違いしているかもしれませんね。

ここで興味深い2012年の消費者委員会の調査結果をご紹介します。日本に居住する 20 歳~79 歳までの「健康食品」の利用者男女 10,000 人を対象に行なった、健康意識調査です。

ほぼ毎日利用している者とたまに利用している者を加えると、約6割の消費者が健康食品を利用していて、50代以上の約3割が健康食品をほぼ毎日利用している。そのうち約6割の利用者が概ね満足しているが「不満」又は「やや不満」と回答した人の約8割が「期待したほどの効果がなかった」と感じている。という結果でした。体調の維持や健康の増進は、現状のままでも満足と感じるが、ダイエットや病状の 改善は、現状より良くならなければ満足とは感じにくい分、「不満」又は「やや不 満」と回答した者の割合が高くなったのかも知れないと考えます。また情報の入手方法は、⼥性はクチコミを参考にしているケースが多い。男性はインターネットを活⽤して情報検索を⾏っている。TVCMは年齢に伴って参考にする消費者が増える。といった傾向が見えてきました。

利用の目的は「体調の維持や健康の増進」の割合が高く、特定の事項 (美容・ダイエット等)を目的とした人の割合は 14~15%と比較的低く、さらに購入時最も重視するポイントとして、「効き目・有効性」と回答した利用者は約5 割と最も多いという結果でした。
つまり「健康である為の食品が健康食品である」とわかっていても、実際には、薬のような結果、「効く」ということを期待して購入しているということです。この傾向は、昨年、民間調査会社で行ったインターネット調査でも同様の傾向でした。6年たっても、この意識は変わってないということが言えます。このことは、欧米と日本人の医療と健康維持に対する考え方の違い、有効性と有用性の意味がわかっていないことによる意識の違いとも言えます。実はこれが健康被害を生む原因にもなっている。ということなのです。

このような体に良い食べ物にお薬と同じ効果を期待してしまうという発想が利用率の高さにつながっていると言えます。また、情報収集のあり方も日本人の健康食品利用率の高さにつながっています。

次回は時代と共に健康情報などの取り巻く環境が変化してきていてそれの伴う消費者の捉え方も変わって来ている現状についてお話ししましょう。