唐辛子の辛味成分には発がん性があるという説もありますが、生姜と一緒に摂るとむしろ大幅にがんリスクが低下することがわかったそうですよ。
中国・河南中医学院の動物実験レベルの話ですが、ちょっと興味がありますね。

最新の研究で、生姜のあのツーンとする元の成分・6-ジンゲロールに、カプサイシンの有害な作用を打ち消すことが示されたという。6-ジンゲロールはカプサイシンと協力して、がんのリスクを低下させることがわかったそうです。

生姜と唐辛子はよく中国料理に使われていますよね。
一緒に取り入れた方がお互いの欠点を補ってくれるって、なんかステキですね〜。